みんなが活躍

モスグループでは、性別・年齢・国籍・障がいのあるなしに関わらず多くのメンバーがともに働いています。それぞれの特性を生かしながら、いきいきと働き、みんなが活躍するダイバーシティの実現を目指しています。

特例子会社 株式会社モスシャイン

チャレンジメイト(障がいのあるメンバー)が所属するグループ会社です。チャレンジメイトは、モスの本社だけでなくお店でも勤務しており、活躍の場が広がっています。

ベトナムカゾク

現地で専門の教育を経て日本へ入国するベトナム人学生を、日本国内のモスバーガー店舗で採用するプログラムです。家族のように寄り添って育成し、モスの仲間として働くことを目指すことから、この取り組みを「ベトナムカゾク」と名付けました。

OriHime(オリヒメ)

子育てや介護、身体障がいなどの社会的ハンディキャップにより外出困難な人の分身として、遠隔地であっても温かみのあるコミュニケーションを可能にするロボットです。 モスバーガーの一部店舗では、セルフレジの注文をサポートする「アシストセルフレジ」などのテスト運用を進めています。

※「OriHime」は株式会社オリィ研究所の登録商標です。

「みんなが活躍」の取り組みで、SDGsのゴール8「働きがいも経済成長も」とゴール10「人や国の不平等をなくそう」に貢献することを目指します。

モスグループのサステナビリティ