MOSごと美術館2020
MOSごと美術館2020

モスバーガーが、オンライン美術館で障がい者アートを応援します。
MOS BURGER at the online art museum, We support the art by disabled people.

開催期間:
2020年10月1日(木)~ 2020年12月31日(木)
2020/10/1(Thu) ~ 2020/12/31(Thu)

「MOSごと美術館」は、障がいのある方々の作品をモスバーガーの店舗に展示し、気軽に親しんでいただける機会を創出するイベントです。

2016年、新潟県の「まちごと美術館cotocoto 」事業に賛同し、「新潟MOSごと美術館」として新潟県の全店舗でスタート、大きな反響をいただきました。以来、新潟では毎年開催するとともに、2019年度は東京都でも「東京MOSごと美術館」と題し、10店舗で作品展示を行いました。

そして2020年。さらに多くの作品の展示を目指し、東京近郊の施設から新たな作品を公募して準備を進めてきました。しかしながら昨今の状況から、今年度は店舗での展示ではなく、特設WEBサイトでご覧いただく『オンライン展示』として開催します。また一部の作品は、(株)モスフードサービス本社(東京都品川区)の受付ロビーや来客用会議室でも展示します。

「まちごと美術館cotocoto」とは?

株式会社バウハウス(新潟市)が事務局を務め、2016年7月から地域の団体などと協力しながら本格稼働した事業です。障がいのある方のアート作品を店舗や施設などに貸し出すことで、街全体をアートで彩りながら、障がいのある方の雇用や収入増、社会との接点づくりに繋げていく取り組みです。2020年9月末現在、県内の福祉施設の利用者など20名以上が出品しており、約300作品を取り扱っています。

  • 2019開催時の展示風景写真

  • 2019開催時の展示風景写真

  • 2019開催時の展示風景写真

  • 東京MOSごと美術館(2019年度開催)の展示風景

「MOSごと美術館2020」では、東京近郊の施設から展示する作品を公募しました。
その中から、東京・横浜の12施設で制作された作品114点を選び、すべての作品を特設WEBサイト上でオンライン展示します。
作品は、施設ごとに表示しています。作品のタイトルや作者のコメントも添えられていますので、あわせてお読みいただくと、作品の世界により深く触れることができることと思います。
全国どこからでも、またパソコンでもスマホでも、気軽にお立ち寄りください。
心があたたかくなる作品たちがお待ちしています。

cotocotoロゴ

気軽にご覧いただけるオンライン展示だけでなく、やはり実物から感じる迫力や美しさを楽しめる場を用意したい、と考え、(株)モスフードサービスの本社オフィスに計33点を実物展示することになりました。
受付ロビーや応接室・会議室に展示し、本社へ来訪されるお客さまに鑑賞いただきます。
(ご注意)オフィスビルのため、一般の方は自由に出入りできません。


また、作品の展示作業には、株式会社モスシャイン(*1)で働くチャレンジメイト(*2)3名も参加しました。
展示する場所にあわせて作品の組み合わせを考えたり、作品紹介のカードをずれないように額縁に貼り付けたり、といった作業を限られた時間でやり遂げるために、(株)バウハウスの方々やモスのメンバーとともに協力して取り組みました。


(*1)モスグループにおける障がい者雇用の拡大と安定を図るために設立された特例子会社
(*2)(株)モスシャインに所属する障がいのあるメンバーの呼称

MOSごと2020_会議室展示 MOSごと2020_メイトさん展示作業
SDGsゴールアイコン(4・10・17)

「MOSごと美術館2020」に作品を提供くださった施設の一覧です。
たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

施設名称(順不同・敬称略) 所在地
木馬工房 東京都八王子市
荒川区立荒川生活実習所 東京都荒川区
板橋区立徳丸福祉園 東京都板橋区
目黒区立大橋えのき園 東京都目黒区
社会福祉法人 章佑会 やすらぎの杜 東京都練馬区
就労継続支援B型 ぴおどり 横浜市中区
ショコラボ 横浜市都筑区
本牧一丁目工房 横浜市中区
NPO法人 中途障害者地域活動センター ワークアップ港南 横浜市港南区
一般社団法人スコップ 横浜市泉区
NPO法人 新磯子区障害者地域活動ホーム 横浜市磯子区
就労継続支援B型 クローバー 横浜市中区
cotocotoロゴ